小顔を手に入れよう

医者

小顔矯正の方法

小顔矯正にも色々な方法があります。特に、ボトックス注射やヒアルロン酸注入は有名ですよね。メスを使ってしっかり治療を行うものもあれば、注射1本で小顔を手に入れられるものもあります。しかし、料金はもちろん持続期間も施術によって様々なので慎重に考えましょう。脂肪が顔を大きく見せている、というのであれば脂肪吸引による施術がおすすめです。脂肪吸引はその名の通り顔の余分な脂肪を吸引することで小顔を手に入れる方法です。ダイエットに成功してもまたリバウンドしてしまう、という人にもピッタリです。脂肪を減らしたい部分に細い管を入れて直接吸引するのですが、傷跡が小さいことも大きなポイントです。有名なボトックス注射は、顔のエラに悩んでいる人が多く利用しています。角ばって大きくみえてしまうエラの張った顔にお悩みであれば、ボトックス注射を行いましょう。ボトックスを注射することで、筋肉が弱まりエラが目立たなくなる効果があります。また、ヒアルロン酸注入は色々な面で利用されています。顔が大きく見えてしまうのは、顔のパーツのバランスが良くないという事もあります。特に、突き出た顎や不自然な形の顎はどうにかしたいですよね。ヒアルロン酸注入は、顎の形を整えるのにも効果的です。さらに、加齢によるたるみもヒアルロン酸で改善できます。顔がたるんでいるとその分顔も大きく見えてしまいます。ヒアルロン酸を注入して顔にハリを与え、小顔になることができます。さらにヒアルロン酸は顔のしわにも効果があるので、しわの軽減にも繋がることができます。このように、美容整形では顔が大きな原因に合わせて施術を行うことができます。

ダウンタイムを確認

ダウンタイムという言葉を知っていますか?ダウンタイムは、施術から傷跡や腫れがひくまでの完治までに必要となる期間のことです。整形手術などに良く用いられる言葉となっています。ダウンタイムの期間は施術方法によって、変わってきます。小顔にするための美容整形の場合、大体1~3週間ほどのダウンタイムがあるといわれています。ダウンタイムの間は、できるだけ安静に過ごして患部に刺激を与えないようにしましょう。保冷剤を包んだタオルで患部付近を冷やしたりしてケアを行ってください。もしも施術後何か違和感を感じたら早めに医師に相談しましょう。また、ダウンタイム期間中に人に合うと整形をしたということがバレてしまう可能性があるので、できるだけ人と会わないように心がけてください。お仕事をしている人は、数週間も仕事を休むのは難しいと思うので、施術はダウンタイムの期間も考えて申し込むようにしましょう。

施術の申し込みに必要な物

整形の施術の申し込みに必要な物を確認してみましょう。美容外科やクリニックによって異なりますが、一般的に必要なものを紹介します。申し込みの際は、美容外科の治療申し込み書などに記入が必要です。また、申し込みの際はシャチハタ以外の認印を準備しておきましょう。未成年の方の申し込みは、親の同意書または同伴が必要となります。他にも料金の支払いをローンで考えている場合、身分証明書(運転免許証やパスポートなど)やキャッシュカード、引き落とし口座の届け出印鑑の準備をしておきましょう。