小顔を手に入れよう

医者

小顔矯正は、ボトックス注射や脂肪吸引など様々な方法があります。小顔矯正をしたいのであれば要チェックです。他にもダウンタイムについての基礎知識など役立つ情報をご覧ください。

詳しく見る

受付から施術までの流れ

女性

小顔矯正の施術の流れを紹介します。小顔矯正をはじめて受ける人は、施術を行う前の流れを確認しておきましょう。受付から施術終了までの流れをまとめたので、ぜひ参考にどうぞ。

詳しく見る

カウンセリングのポイント

医者と看護師

小顔になりたいのであれば、鼻の形やバランスにも注目してみましょう。小顔と鼻の関係について解説します。また、小顔矯正の持続時間や施術前のカウンセリングについてもみていきましょう。

詳しく見る

小顔を目指そう

女性

なぜ顔が大きく見えるのか

女性なら誰しも、形の整った小さな顔に憧れますよね。友達と写真を撮ったときに、妙に自分の顔が大きく見えてショックを受けたことはありませんか?友達に顔の小さくてかわいい子がいる場合はなおさらコンプレックスになりますよね。顔の大きさは、簡単には変わりませんし骨格が問題だと自力ではどうしようもありません。しかし今では、小顔矯正など色々な方法で小顔を手に入れることができます。そもそも、顔が大きく見える原因は一体なんでしょうか。まずは自分の顔が大きく見える原因を確認してみましょう。顔が大きく見えてしまうのにも、様々な理由があります。大きく見える原因として主に考えられるのは顔周りの脂肪が多いことです。顔周りの脂肪が多いとその分顔の面積も大きく見えてしまいますし、たるみの原因ともなります。顔がたるんでしまうと、さらに顔が大きく見える原因へと繋がってしまいます。また、顔の筋肉や骨が発達している人も顔が大きく見えてしまいがちです。特にエラの張りは小顔の天敵ですよね。他にも生まれ持った骨格や顔の歪みが原因であることも多いようです。このようなコンプレックスを解消したい場合、小顔矯正などを行うととても効果的に顔を小さくすることができます。

小顔を手に入れよう

小顔を手に入れるための方法をいくつか紹介します。まずは、自分でできる手軽な方法としてマッサージがあります。効果のあるお手軽マッサージをネットで検索して探してみましょう。マッサージはお金のかからないものが多く、できるだけ費用を抑えて小顔になりたい人にピッタリです。また、美顔器などの器具を使うのも効果的です。しかし自分で行うマッサージの場合、効果を実感するまでに長い期間がかかる場合やモチベーション維持が大変なことが問題です。効果を得るためにも、最低3か月程度は継続してマッサージを行いましょう。また、費用はかかりますが効果的な方法としてあげられるのが美容整形による小顔矯正です。ボトックス注射やエラ削り、脂肪吸引、ヒアルロン酸注入などの方法が有名です。自分の顔のお悩みに合わせた施術ができるのも大きなポイント。エラが張っている、顔の脂肪がとれないといった悩みの原因を解消して小顔を手に入れることができます。決して安くはない費用がかかる分、小顔効果の期待も高まります。施術後は、入院が必要なものもありますが、簡単な施術であれば日帰りで行えるものもあります。最近は美容整形の費用も比較的リーズナブルなものが多いので、お金に余裕があればぜひチャレンジしてみましょう。

美容整形の麻酔

メスを使った整形の場合、施術のときに麻酔が必要となります。麻酔は、施術の痛み緩和に欠かせません。施術費用以外に麻酔代がかかる場合もあるので、事前に確認しておきましょう。麻酔にも色々な種類があります。多くの整形で使用されているのが、局所麻酔です。局所麻酔は、小さな範囲だけに麻酔液を注射することにより痛みを感じなくさせます。静脈麻酔は、点滴で麻酔を注入します。一般外科手術でも使用されているこの麻酔方法は、眠っている状態になります。他にも、貼るタイプの麻酔であるペンレスシートやクリームを使った表面麻酔などがあります。どのような麻酔を使って施術を行うのかは医師に確認してみましょう。